会社および製品ニュース

ビトリアの製品名および企業ニュースのハイライトと最新の状態に滞在! 、新しいケーススタディを読む私たちの製品の機能強化に従ってくださいと私たちのオンラインコミュニティーに参加しています。

MID ビジネス

クライアントプロフィール: MID Businessは、ビジネスモデリングのリーディングカンパニーであり、ビジネスインテリジェンスと革新的な戦略に焦点を当てることで、新たな競争優位性を作り出しています。データをナレッジへと変換するため、マッピング、モデリング、およびプロセスとビジネスモデルの最適化を創出します。同社は主に代理店を経由して製品やサービスを販売しています。 MID Businessは、金融、テクノロジー、健康、カウンセリング、社会学、デザイン、学界、そしてアントレプレナーシップの分野で20年以上の経験を持つ専門家によって、2007年に設立されました。そのミッションは、顧客とその周辺のための好循環を作り、ヒューマンエクスペリエンスを向上させることです。 MID Businessは、ビジネスプロセスを改善し、付加価値のあるソリューションをつくることを目指し、様々な産業やセクターの顧客やパートナーと連携しています。 課題: 毎月450万以上の注文を効率的に処理する。 目標と目的: シームレスな統合ソリューションに関わる、(4)当事者すべてのための注文処理の制御を向上。 結果: リードタイム短縮 ビジネスプロセス制御の改善 クラウドの実装によるコスト削減とハードウェア削減 内部効率の合理化 エグゼクティブサマリー: ビトリアのM3Oスイートは、非常に多くの技術を、1つのシームレスな総合ソリューションに正常に統合できます。2008年にMID BusinessがLP調理ガスを農村部の顧客へ円滑に提供する際、電話会社(Oi)、液化石油ガスの販売代理店(Ultragaz)、クレジットカード会社(Oi Paggo)との合弁事業に着手し、すべてのパートナーの技術を統合するにあたり、ビトリアとのジョイントベンチャーによる協業は自然な選択でした。 MID Businessには3つの主要な選択基準がありました 迅速な市場投入までの時間 低コスト 使いやすさ 農村部の顧客は、インターネットアクセスが限られており、速やかにLP調理ガスボンベを発注し、受け取ることができませんでした。さらに、MID Businessは、販売や流通などの重要な顧客情報を効果的に追跡することが必要でした。 ガスボンベを購入する手順は以下のとおりです。 SMS(またはテキストメッセージ)で注文します 電話越しでクレジットカードによる購入します ガスキャニスターを無事に受け取ります 合計400人のスタッフ(請求処理エージェント、管理サポート担当者、ビジネスマネージャを含む)が、すべての運用地点において、全体のプロセスのために必要です。例えば、450名以上のスタッフが、フォルタレザ市単独の配送プロセス全体に関与しています。 MID Businessは、各注文エントリのモデル駆動型のワークフローの自動化、例外処理、およびイベント監視を作成するM3Oの機能を利用しています。つまり、MID Businessは、リアルタイムでお客様の市場の要求に対応するアナリストを支援することで、ビジネスの即応性と機敏性を向上しているのです。 解決策: 「弊社のベンダー選定における主なガイドラインは、すべてのパートナーが迅速かつ容易に導入できる、シンプルで統合されたソリューションを<クラウドで>実現することでした」と、カルロスロベルトフレイレベイガフィリオ、MID Businessプラットフォームソリューションマネージャーは説明しています。「2010年春のパイロットにおいて、ビトリアテクノロジーの利用はたいへん成功したため、弊社はこのソリューションの利用をより進める決定を行い、さらにお客様を支援し、内部のコラボレーションを高めることにしました。これは、弊社パートナーの技術すべてとの統合を含め、パイロット後わずか3ヶ月で実現しました。」 IT 部門への影響: …

TXU エネルギー

クライアントプロフィール: TXU エネルギーは、テキサス州で最も選ばれている企業で、電気およびその関連サービスを200万人以上の顧客に提供しています。また、競争力のある値段、革新的な製品、個々のニーズにあったツールを提供し、信頼される顧客サービスを提供するなど、市場が競争しているが故の利点を顧客に提供しています。 チャレンジ: 競争が激化する市場にあって、TXU エネルギーは、既存および新規の顧客に優れた顧客サービスを提供することを考えています。システムや動作が複雑で管理が難しくなっていたため、TXU エネルギーは、シームレスな顧客サービスを提供するために、顧客の新規登録プロセスのリアルタイムのエンドツーエンドビューを必要としていました。そのため、TXU エネルギーは、プロセスについての見える化、各プロセス状況についての洞察、問題が起りそうなプロセスの特定を行い、顧客に影響が及ぶ前に修正アクションが実行できるようにする必要がありました。 目標と目的: SAP CRM、SAP IS-U、Inovis、TLE、データセンターを含むアプリケーションをまたぐプロセス全体の明確なビューを提供すること 容易にアクセスでき、理解しやすいロールベース業務ダッシュボードを業務ユーザに提供すること プロセスの例外を検知し、顧客への影響を最小限にする修正アクションを実行できるようにすること 既存システムへの影響を最小限に抑えながら新しいソリューションを展開すること 再利用可能なプロジェクト基盤を確立するすること 結果: ロールベースの業務ダッシュボードにより、転入新規登録プロセスを管理するための、主要業績評価指標(KPI)のリアルタイムの見える化を実現しました 顧客の契約上の問題を発見して修正する時間が短くなりました 新規登録時の問題を修正する時間が数時間から数分に短くなりました 新規ソリューションは、TXU エネルギーの業務アプリケーションとうまく統合されました TXU エネルギーの業務優越性を担保するために重要な役割を果たす新しい技術基盤を実装できました ソリューション概要 TXU エネルギーは、ビトリア M3O オペレーショナルインテリジェンスを使用して、新規登録プロセスのエンドツーエンドのリアルタイム見える化を行い、プロセスを管理し、必要であれば是正を行えるようにしています。また、新規サービス、サービス変更、解約などの管理機能におけるパフォーマンスをリアルタイムに評価し、業務に悪い影響を与える可能性のある要因を事前に発見し、修正できるようにしています。M3O は、意思決定者が変化するビジネスの状況に対応し、業務効率や全体的な対応速度を上げる事を可能にする、オペレーショナルインテリジェンス アプリケーションのための完全で統合されたプラットフォームです。ビトリアは、ソリューションを提供する際に、ダラスに拠点を置く、技術サービス コンサルティング会社、Sendero Business Services と提携しました。 パイロットプロジェクト: エンドツーエンドの新規登録プロセス管理 TXU エネルギーは、パイロットプロジェクトの成功の後、ビトリア M3O …

R ケーブル

クライアントプロフィール: R Cable社はスペイン ガルシア州を拠点とする光ファイバー通信事業者です。R Cable社のミッションは、ガルシア州の企業及び一般家庭に最も先進的な通信サービスを提供し、次世代のマルチメディア双方向サービスの提供準備を進めています。今日、R Cable社はテレフォニー、多チャンネルテレビ放送、携帯電話サービスをはじめ様々なサービスを提供しています。 課題: スペイン北部ガルシア州を拠点とするR Cable y Telecomunications Galicia, S.A(R Cable社)は携帯電話、ケーブルテレビ、インターネットサービスのリーディングプロバイダです。R Cable社は自社の発展のために、お客様に対して優れたサービスを提供するため日夜努力しています。この目的の達成をするために、R Cable社はお客様により良いサービスを提供し、収益を改善するため、お客様へのインストール作業や保守作業といった現場作業管理を大幅に改善することを決断しました。現場作業の改善を成し遂げるために、R Cable社は現場作業プロセスをリアルタイムに可視化し、業務に問題がある場合、お客様に悪い影響を及ぼす前に問題点を正確に把握できるようにしました。 目標と目的: 各地域の作業オーダプロセス全体を見渡せるビューを用意する 作業管理者、作業担当者それぞれのロールに合ったわかりやすくかつアクセスしやすいダッシュボードを用意する 業務障害を引き起こす可能性のあるプロセスを特定することを可能にして、大きな問題が発生する前に、修正するアクションを可能にする 業務の拡大にあわせて、容易にスケールを拡大した新しいソリューションを実装できるようにする 結果: 作業オーダアサインの自動化により、現地作業コストを低減 作業アサインプロセスのルール化、情報のリアルタイム化による業務の最適化 作業期限を過ぎる前に、問題になりそうな項目を特定し遅延を最小限に留める 人手による作業をキーとなるアクティビティに限定することによって、業務管理チームの生産性が向上 作業オーダ完了までの様々な情報の可視性及びコントロールの確保 SLA違反になりそうな状況をリアルタイムで通知することで、現状改善に向けたコントロール及び可視性の確保 作業担当者の稼働率改善、及びコスト削減 お客様へのサービスレベルの向上 ビジネスチャレンジ R Cable社のコアとなるビジネスは、有線もしくは無線によるテレビ番組、テレフォニーサービス、インターネットサービスの配信、通信機器のインストール、保守になります。これらの作業は、ガルシア州内のあらゆるところで作業するチームが必要になります。これまでのR Cable社のシステムは、チームが待機する事業所で人手による管理が必要でした。作業管理者は、自身でスケジューリング、作業割り当てを管理し、割り当てられた作業を追跡します。これまでのシステムは、作業を進める上で発生する問題を特定することが不可能で、作業状況を可視化する手段がありませんでした。例えば、お客様が希望する日時までに作業を完了できない、作業スケジュールの重複、作業割り当てに無駄が発生し、作業担当者が余ってしまうなどの問題が多発していました。これらのケースはお客様からの連絡あるいはIT部門のレポートが作成されない限りは、顕在化しませんでした。まずは、これまでの業務をひとつの視点から見るのではなく、より高いレベルの可視性を確保し、これらの業務を最適化する必要がありました。 取り組む必要のある課題の詳細は以下のとおりでした: 手動で割り当てられるプロセス: すべてのオーダは多くの人数がいるチームの作業管理者によって手動で割り当てられる。正規の割り当てルールは存在せず、また今存在するルールは作業管理者が経験を基にしたもので、作業管理者が退職してしまえば容易に失われてしまう。 自動的な警告・注意の欠如: 作業が割り当てられていない作業担当者が現場に入ったり、作業管理者が気づくことなく作業終了予定日を過ぎてしまう、あるいは警告などがなく、作業スケジュールが重複してしまう。このような問題は顧客満足度に大きなインパクトを与える。 …

アンドラテレコム

クライアントプロフィール: アンドラテレコム社は、1975年に公開会社として設立され、テレコム関連の必要とされるあらゆるサービス、電話、テレビ、インターネットを、管理、運営する、公国内唯一の会社です。 チャレンジ: アンドラテレコム社は、主な業務システムへの見える化および洞察を提供し、それらの情報を会社内で共有、交換ができるようにし、業務の例外にすばやく、効率よく取り組めるようにするソリューションを必要としていました。 ゴールと目的: 業務の効率化と顧客満足の向上 結果: 重要システムやプロセスの中でリアルタイムに「見える化」が行われ、それにより処理や例外の影響力に対する洞察が可能になりました。 KPIに対するパフォーマンスの正確な測定が可能になりました 自動的な例外管理を使用する事によって修正までの時間が削減されました 例外処理用のアジャイル開発環境を実装しました 厳格なメソドロジーを導入しました コンポーネントの再利用を高いレベルで達成しました プロジェクトの標準化をしました 新しいソリューションの学習がスムーズに行われました ソリューション ビトリアの例外管理ソリューションは、例外を管理、自動化し、問題を解決するための人的作業量を減らし、業務の効率化、有効性を向上させます。 ビトリアのオペレーショナルインテリジェンスソリューションは、アクチベーションシステムのリアルタイムの見える化を提供します。使いやすい直感的なダッシュボード上で、アクチベーションの時間を表示し、潜在的な例外をリストし、ドリルダウン機能により例外や興味あるイベントに対する更なる洞察を提供します。 ビトリアのオペレーショナルインテリジェンスソリューションはまた、連続的なリアルタイムの見える化と洞察を、Web 2.0 ダッシュボードにより提供し、携帯電話の監視、制御を行います。アンドラテレコムは、ビトリア オペレーショナルインテリジェンス プラットフォームとプロフェッショナルサービスを活用し、必要な機能を期限内に、予算内で完成させました。 アンドラテレコムの使命 最高品質で最良価格の革新的なテレコムサービスを提供し、アンドラの競争力優位性を保証すること。 顧客である住民や企業、機関の生活の質や競争力を向上させ、献身的なチームにより最も先進的な情報や通信技術を扱い、アンドラテレコムを国際的基準にすること。 6か条の戦略 卓越した顧客サービスの確保 最良価格で最大限のサービス品質を提供 最適な利益水準を維持 公国の社会経済開発の推進 国の事業のために技術的パートナーとして機能 献身的でやる気のあるワーキングチームを編成 達成された主なプロジェクトの課題 ビトリア例外管理ソリューションを実装し、例外解決プロセスを標準化および一元化しました。 アクチベーションシステム用の優れたリアルタイムダッシュボードを作成し、アクチベーションサービス オーダーや潜在的な例外、エンドユーザの手動作業に対する、見える化や洞察を提供し、アクションを容易に実行可能にするために、ビトリア例外管理ソリューションを実装しました。ダッシュボードは企業のポータルページに統合されました。 ビトリア M3O オペレーショナルインテリジェンスを利用して、既存のATM管理プロセス用のリアルタイムダッシュボードを作成し、最も消費している時間帯を調査するために、リチャージの動作を監視したり、総消費量を表示したり等を行いました。また、口座ごとの観点から、課金情報はサービスを提供する銀行と符合します。 …

通信&メディア

お客さまのプロフィール: 大手通信、メディア、及びエンターティメント企業です。お客さまが運用するポートフォリオは次のすべての組み合わせを含みます。高度なデジタルテレビ、音声、および高速インターネットサービス、出版、インタラクティブメディア、世界的に有名なエンターテイメントの名所、プロスポーツチーム、そして人気の高い国や地域のプログラミングネットワーク。このお客様には1999年からビトリア製品を使用していただいています。 チャレンジ: ITの基盤のパフォーマンスに対して「見える化」を実施 ビジネス ユーザに実行中プロセスに対する洞察性を提供 例外と状態のトラッキングと管理 開発とテストサイクルの支援 ゴールと目的: 対応時間の短縮 顧客経験価値にネガティブな影響を与える問題の回避、および排除 競争圧力に適応するために、製品やプロセスの頻繁な変更をサポート 結果: 予期して先手を取るサポートプロセスの活用 より大きなビジネス/IT サポートのコラボレーション タスク管理の効率性を向上 潜在的な収益の漏れを見える化 ビトリアM3Oオペレーションブックは、ビトリアM3O Suiteの一部であり、お客さまのIT基盤のパフォーマンスとプロセスフロー、及び例外イベントに対してリアルタイムな可視性と洞察性を提供します。 パフォーマンスに影響を与えずにオペレーショナルインテリジェンスへ高速アクセス 通信・メディア関連企業は、反応時間を短縮し、顧客経験価値にネガティブな影響を与える問題を回避、および排除し、競争圧力に適応するための頻繁な製品やプロセスの変更をサポートする必要があります。これらの要件を常時提供することは難しく、タイトな予算と既存システムと基盤で働く圧力を伴う今日の環境ではさらに厳しくなっています。これらの課題を理解した上で、業務に高度な可視性を提供する革新的なアプローチをとることにより、既存の投資でもより多くの目的を達成できます。 お客さまの革新的なアプローチの重点は リアルタイムなオペレーションの遂行に対して高度な可視性を提供できるビトリアM3O Operations Book を採用したことでした。 M3O Operations Bookは、プロセスフローやその他の情報源から生の情報を取り出して、相互関係やその他の高度な分析を適用し、結果をブラウザベースで操作が簡単なダッシュボード上に表現します。ダッシュボードは、これらプロセスのあらゆる面に関係する運用チームと技術チームに提供されます。 お客さまはまた、既存の業務への影響を最小限に抑えて、短期間でオペレーショナルインテリジェンスを導入するためにビトリアのプロフェッショナル サービスを活用しました。プロジェクトは、最初から最後まで、お客さまチーム側のフルタイムでない担当者と、必要に応じてエキスパートを呼べるビトリアの1名のフルタイムコンサルタントによって、1ヶ月にわたって遂行されました。ビトリアは、開発タスク、ナレッジトランスファー、および M3O Operations Bookの本番環境への導入を担当しました。 M3O Operations Bookは、プロセスと例外の「見える化」提供 受注のBPOs(business process …

The Unexpected Hero: Discover How a Retail Utility Provider is Providing a Better Customer Experience

This post highlights the story of TXU Energy, the #1 retail provider of electricity in the state of Texas, and its road to better customer experience management (CEM). TXU is an electric utility company headquartered in Dallas, Texas with over …