オペレーショナルインテリジェンスが実現する一歩進んだビッグデータ分析

オペレーショナルインテリジェンスは複合イベント処理(CEP)技術をベースとした、ビッグデータのリアルタイム分析と可視化、最適なビジネスプロセスの実行と管理を連続的(継続的)に実現するための唯一のソリューションです。 ビトリアオペレーショナルインテリジェンス4によって、ビジネスリーダーはもちろん現場の担当者が速やかにかつ適切な意志決定と行動をとるための明確な指針と洞察を、業種業界問わず得ることが可能となります。 オペレーショナルインテリジェンスの概要 ビトリアオペレーショナルインテリジェンス4の特徴 オペレーショナルインテリジェンスアプリケーション(OI Apps)

Hear From Our Customers
Overview
応募方法

なぜビトリアに参加するのか? 弊社は、柔軟なベネフィットパッケージを提供しております。 弊社は、職場における多様性(ダイバーシティー)を奨励します。 弊社は、社員がプロジェクトへ積極的に挑戦することを推奨します。 弊社は、楽しく、創造的で、お互いを敬意を持って働くことを推奨します。 弊社は、社員のキャリアゴールを追求する機会を提供します。 質問や問い合わせはJapanWebInfo@vitria.com までご連絡ください。 応募方法 メールにてJapanWebInfo@vitria.com へご連絡ください。

オペレーショナルインテリジェンスの概要

オペレーショナルインテリジェンス(OI)はビッグデータに対するリアルタイムかつダイナミックな業務分析を、複合イベント処理(CEP)技術を利用して実現しています。このソリューションは、何らかの情報の入力やイベントが発生した際に、関連する様々な情報をリアルタイムに収集・分析・加工し、本当に必要かつ実用的な情報として出力します。例えば、業務上の重大な問題が発生した際に警告を送信し、その情報がダッシュボード上にリアルタイムに表示されることで、速やかにかつ適切な意志決定を支援します。 ビトリアオペレーショナルインテリジェンスは それぞれの 特徴 を活かしながら、使いやすさと信頼性を兼ね備えたプラットフォームとして利用されています。 ビトリアオペレーショナルインテリジェンスについての詳細はこちら: ソリューション OI Apps 特徴 クラウドでの利用 製品詳細

M3O とは?

ビトリア M3O は最高のオペレーショナルインテリジェンススイートを構成し、それにより企業は顧客経験価値を改善し、業務効率を最適化し、情報に基づく意思決定を時機を失することなく行うことが可能になります。M3O はこれら機能を、完全に統合されたリアルタイム分析プラットフォームにより提供しており、それにより情報にコンテキスト情報を付加して先進的なダッシュボードやアラートによる視覚化を行ったり、リアルタイムに業務分析を行い、業務ポリシーに沿ったアクションを迅速に行うことができるようになります。 M3O はユニークな方法で様々な種類のデータをリアルタイムに、大量に扱う事ができます。M3O は唯一 XML や RSS、ソーシャルネットワークデータをそのまま扱う事が可能で、大量、高速、多種のデータを扱う「ビッグデータ」のリアルタイム分析が可能になっています。 M3O オペレーショナルインテリジェンスにより、企業は顧客満足度を向上させ、顧客離れを減らし、ブランドや評判のモニタリング、ビジネスの俊敏性の増加、コンプライアンス管理を改善し、全体的な業務コストを削減することが可能になります。 M3O はオンプレミスでもクラウドにも簡単に展開することができます。M3O についての詳細はこちら: M3O オペレーショナルインテリジェンスのブローシャをダウンロード デモをリクエストする

Press Releases
オペレーショナルインテリジェンスの効果

ビジネスユーザーにとってのオペレーショナルインテリジェンス ビトリアオペレーショナルインテリジェンスを利用することで、ビジネスユーザー、特に何らかの意志決定を行う立場の方々は、最も効果的なタイミングで最も適切な意志決定を迅速に行うことが可能となります。CEP(複合イベント処理)技術を使い、動き続けるビッグデータや静的なビッグデータから複雑なパターンを分析することで、新たな脅威やビジネスチャンスを検知することが可能です。特にリアルタイム分析や傾向分析、評価分析などにその効果を発揮します。また、本製品はユーザーが直感的に利用可能なダッシュボードを簡単に短期間で作成するための機能を持っているため、リアルタイムに得た分析結果に基づいて適切な処理を簡単に行うことが可能です。 オペレーショナルインテリジェンスがビジネスユーザーに対し、深い洞察の獲得と意志決定支援のためにいかに役立つか、 通信、スマートエネルギー、 金融サービス、 政府、 ヘルスケア もしくは お問い合わせ にてご確認ください。 ITシステムユーザーのためのオペレーショナルインテリジェンス システム的に見た場合、ビトリアオペレーショナルインテリジェンスはERPやオーダー管理システムなど既存のシステムやソリューションの外側に配置され、ビジネスユーザーとシステムユーザー双方に既存システムやサイロ化された情報に対する「見える化」を提供します。例えばHadoopからCEPに取り込まれた多種多様なデータソースを比較・複合・監視した結果を単一のビューに表示します。情報の取得に際し、オペレーショナルインテリジェンスは既存システムに対しエージェントのようなものを組み込んだり過度の負荷をかけるようなことがないため、新しいシステムの導入における不安や負荷を著しく軽減することが可能です。ビジネスユーザーが必要な物をシステムユーザーの負担を極力抑えながら提供する、オペレーショナルインテリジェンスが目指す、新しいシステム導入の形です。 ビトリアオペレーショナルインテリジェンス4の製品詳細、 フィードサーバー、 複合イベント処理エンジン (CEP)、 モデラー、 ライブダッシュボード、 ビジネスプロセス管理 モジュールから、より技術的な情報をご確認ください。

M3O の何が新しいの?

M3O の何が新しいの? M3O 3.2 により、組織は大量データの分析ができるようになり、ビジネスの新たな機会や脅威を迅速に特定するためにより複雑なパターンを検知する事ができるようになります。M3O 3.2 はリアルタイムの振る舞い分析や統計的傾向分析を実行する事ができます。M3O 3.2 は大量のストリーミングデータ、履歴データから深い洞察を意思決定者に提供するための、すぐれた性能と柔軟性を備えています。M3O は構造化されたデータ、一部構造化されたデータ、非構造化データ全てをうまく扱う事ができます。さらに、M3O はXMLをそのまま扱え、RSS の分析、ソーシャルメディアの時系列の活動等を秒間百万メッセージの単位で分析し、組織のリーダーにリアルタイムの洞察、実用的な情報を提供します。 M3O オペレーショナルインテリジェンスブローシャのダウンロード

Vitria Provides Samsung Electronics with a 360-degree View of its Global Operations

Real-Time Visualization of Events, Data, & Relationships Across Multiple Systems & Silos Seoul, South Korea – August 24, 2011: Vitria Technology, Inc. announces that Samsung Electronics has selected its M3O Operational Intelligence Suite to present a holistic view of its …

Where Second Count
Optimize the Customer