Vitria、戦略的プロセス可視化のためのオペレーショナルインテリジェンスソリューションを発表

Vitria、戦略的プロセス可視化のためのオペレーショナルインテリジェンスソリューションを発表 リアルタイム可視性向上により、戦略的イニシアチブと業務の方向性を合せる 米国カリフォルニア州サニーベール–(Marketwire – 2011年11月8日) – Vitria Technology, Inc. は、Vitria Operational Intelligence Solution for Process Visibilityのリリースを、発表します。M3Oオペレーショナルインテリジェントスイートの上に構築されたOperational Intelligence Solution for Process Visibilityは、カスタマーエクスペリエンス、運用コスト、サービスレベルアグリーメント(SLA)、重要業績評価指標(KPI)に影響を与える重要なビジネスプロセスをリアルタイムに可視化することにより、企業が、戦略的イニシアチブの進捗をモニターすることを可能にします。 ビジネスを拡張する際に、ビジネスプロセスは反復可能かつ測定可能な環境を必要とします。ほとんどのビジネスプロセスでは、各種エンタプライズソフトウェアアプリケーション、およびERPやCRMシステムなどのサイロ毎に最適化されています。BPMスイートにより実装されない限り、これらのプロセスにおいて、内部操作や状況に関する可視性はほとんど知られない状況になっています。このような「隠れたプロセス」が、問題のあるプロセスを引き起こし、またプロセスの例外を隠すことにより、SLA違反によるコストの損失や、業績への悪影響をもたらす事が多く見受けられます。ほとんどの企業にとって、顧客登録、Order-To-Cash (受注から入金まで)、サービスのアクティブ化など、顧客と対面するプロセス、および、それらが機能しないために顧客が離れ、売上減少を引き起こしかねないといった例外的プロセスの早期検知は特に重要です。 オペレーショナルインテリジェンス (OI)は、コアビジネスプロセスでリアルタイムの可視化を可能にするリアルタイム分析の最新技術です。オペレーショナルインテリジェンスは、コンプライアンス管理、SLA施行、顧客満足度など、戦略的イニシアチブに影響を与えるプロセス状況の変化と連動することができます。業務およびITスタッフにとって、OIは、「サイロ」状の管理レポートやレポーティングシステムでは検知されないような例外的なプロセスを発見して、ビジネスプロセスをリアルタイムに可視化するものです。CIOや企業幹部にとっては、OIは、企業がKPIとSLAをリアルタイムに定義し、継続的にモニターできるようにするものです。 「企業は、顧客維持のために、シームレスな顧客対面プロセスを組み上げる必要があります。」と、Sendero Business Services設立パートナーのBret Farrar氏は述べました。「企業幹部から最前線の顧客サービス担当者まで、企業全体にリアルタイムのビジネスプロセスの可視化を提供する革新的なソリューションが必要です。このようなend-to-endのプロセス可視化により、日々の業務の透明性が増し、顧客に影響を与える前に問題を解決できるようになります。Vitria M3Oは、これを可能にするものです。 単純にオペレーションを見える化するソリューションは多々ありますが、戦略的にオペレーションを導きだすのが、オペレーショナルインテリジェンスです。 VitriaのOperational Intelligence Solution for Process Visibilityは、既存のアプリケーションとソリューション全体にわたって、隠されたプロセスも含むすべてのビジネスプロセスのビューを提供しています。VitriaのOperational Intelligence Solutionでは、これらのプロセスを業務トランザクションと顧客情報に関連付け、各事業部門のリーダーがよりよい意思決定をできるようなコンテキストを提供します。隠されたプロセスに光を当てることで、VitriaのOperational Intelligence …