グローバル電機メーカー

要旨 導入のポイント 要件 なぜビトリアだったのか お客様の声 要旨 2010年、グローバル電機メーカーは、ERP(SAP) システムを韓国の本社に一元的に統合するという野心的なプロジェクトを開始しました。この新しい業務を効率的に管理するため、グローバル電機メーカーは、システムの複数の視点を管理し、エラーを減らし、業務の中断を減らすための、統合モニタリングソリューションを要件としてあげました。 既存の複雑なモニタリングソリューションでは、多くの部署が統合システムに対するさまざまなモニタリングツール、例えばアドビフレックスや別のウェブベースのツール、をすでに用意しており、運用担当者は困っていました。 グローバル電機メーカーは、既存の標準 ERP ウィジェットリポジトリに準拠した、完全に統合されたソリューションを必要としていました。ウィジェットを利用する機能は、エンドユーザがリポジトリ上で使用可能な標準ウィジェットを使用して、迅速に、簡単にダッシュボードを作れるようにするのに必要です。そのためグローバル電機メーカーは、ビトリア M3O オペレーショナルインテリジェンス スイートを選択し、既存の監視画面を単純化し、統一するために、そのダッシュボード統合機能を選択しました。 導入のポイント グローバル電機メーカーは、主な業務担当者が新しいシステムを迅速にかつ簡単に管理できるようになるべきと考え、そのためにそのようなダッシュボード モニタリングシステムを ERP 業務チーム全体のために早急に作成することが必要でした。役員は当初、アプリケーション、データベース、サーバー、ネットワークを監視するソリューションを、アドビ フレックス開発キットを使用して自社で開発しようとしました。しかし、それが良くない選択であるという結論にまもなく達しました。なぜなら、ちょっとした変更や改良をするにも開発チームへの依頼が必要になってしまったからです。 要件: 既存のアプリケーション、データベース、サーバ、ネットワークと迅速かつ容易に統合できるソリューションであること 変更、改良、開発が容易であること ERP 標準に準拠していること 高度な再利用性を有していること 企業全体で共有する標準ウィジェットリポジトリのサポート 短い開発期間 – 3ヶ月以内 なぜビトリアだったのか アドビを使用した自社開発のソリューションを検討した後、グローバル電機メーカーは、保守が簡単で、再利用性が高く、開発期間が短いビトリアのオペレーショナルインテリジェンス ソリューションを選択しました。 M3O オペレーショナルインテリジェンス スイートにより、業務マネージャは開発者やデザイナーに頼ることなく、迅速かつ容易にダッシュボードを作成できるようになりました。 また、業務実行者は個人用のダッシュボードを簡単にパーソナライズできるようになりました。その結果、他の部署もそのソリューションを企業全体に拡張することにより、その成功にあやかりたいと考えています。 お客様の声 「M3O …

通信サービスプロバイダ

ビトリアは、グローバルに展開する通信サービスプロバイダ企業に、ネットワークサービスアシュアランスを提供しています M3O オペレーショナルインテリジェンス プラットフォームは、例外管理ソリューションを低コストで提供しています 要旨 チャレンジ 要件 なぜビトリアなのか お客様の声 要旨 M3O オペレーショナルインテリジェンス プラットフォームは、管理のしやすい低コストの統合ソリューションを提供し、利益を劇的に上げ、顧客経験価値を全体的に改善し、CSP のビジネスの拡大を促進させます。 ネットワーク サービス アシュアランスに取り組む事を明確にする事が、全ての CSP の成功のカギになります。ネットワーク サービス アシュアランスの重要なパーツとなるのが、携帯用広帯域アンテナ用 OSS 上の問題の数を迅速に効率よく減らす能力です。 CSP で問題になっているのは、例外に対するアラームの発生がとても遅い事と、例外が警告もなく発生している事です。M3O オペレーショナルインテリジェンス プラットフォームを使うことによってボトルネックやアンテナの障害、ネットワークの過負荷、CPU 消費(使用率、起動プロセス数超過、ウェブやファイルシステムの占有など)を検知したり、あるいは未然に防ぐ事ができます。 ほとんどのグローバル CSP では、通常月に1千万件台の、非常に大量のイベントが、OSS ネットワークレベルで発生しています。これらのイベントには、OSS からのアラーム、携帯網からの情報が含まれます。 このお客様の目的は問題の数を減らし(少なくとも3分の1に)、対処したいということでした。このことを実現するため、携帯網から来たイベントには、インフラをサポートするさまざまなシステムからのイベントと関連付けを行いました。 ビトリア M3O オペレーショナルインテリジェンス プラットフォームは、内部の情報システムと簡単に統合し、OSS ネットワーク機器からの情報を巡回させる事が可能です。これら内部情報システムは新しいパターンを返し、そのパターンはパターンマッチ用クエリに使用されます。内部情報システムによって新しく発見された問題検出用パターンを使用して、クエリは自動的に再定義されます。 チャレンジ …

業務プロセスの見える化

ビトリア オペレーショナルインテリジェンスを利用した業務プロセスの見える化 業務プロセスは通常、ERPやCRMなど様々な企業内システムとのやり取りを行いますが、ほとんどの場合、これらのシステムの処理状況を確認する方法は提供されてはいません。また、各業務プロセスが分断されている場合、新しいビジネスチャンスやリスクを発見するのが極めて困難になるため、結果として深刻なSLA(サービス品質保証契約)違反を引き起こしたり、顧客獲得のための大きな障害となり得ます。業務プロセスの見える化は、売上への貢献や顧客経験価値の向上、コンプライアンス管理などに直接つながります。 経営層はもちろん現場で直接ビジネスに関わっているスタッフに対し、オペレーショナルインテリジェンスは、これまではサイロ化された管理レポートや管理システムでしか見ることのできなかった業務プロセスの状況を、リアルタイムに見える化します。重要さも複雑さも増えつつある業務プロセス、複数のシステムやパートナーを跨いだワークフローなども見える化の対象となります。 ビトリアオペレーショナルインテリジェンスは、様々なデータソース(ビッグデータ)からのデータ収集、CEP(複合イベント処理)エンジンを中心とした各データの関連づけや履歴データとの比較及び分析、ダッシュボードによる状況とプロセスの見える化、BPMエンジンによる適正プロセスの実行を通じて、業務プロセスの見える化を実現致します。

BusinessWare Updates

Vitria is constantly searching for, and incorporating, new product upgrades that will better serve the needs of our customers and contribute to their success. As a result, Vitria is proud to add the certifications: 1.) SWIFT Module, Version 4.7.1 2.) …