高度なプロセスインテリジェンス

高度なプロセスインテリジェンスのためのビトリアオペレーショナルインテリジェンス 業務プロセスは通常、ERPやCRMなど様々な企業内システムとのやり取りを行いますが、ほとんどの場合、これらのシステムの処理状況を確認する方法は提供されてはいません。また、各業務プロセスが分断されている場合、新しいビジネスチャンスやリスクを発見するのが極めて困難になるため、結果として深刻なSLA(サービス品質保証契約)違反を引き起こしたり、顧客獲得のための大きな障害となり得ます。業務プロセスの見える化は、売上への貢献や顧客経験価値の向上、コンプライアンス管理などに直接つながります。 ビトリアオペレーショナルインテリジェンスのプロセス可視化ソリューションについて 経営層はもちろん現場で直接ビジネスに関わっているスタッフに対し、オペレーショナルインテリジェンスは、これまではサイロ化された管理レポートや管理システムでしか見ることのできなかった業務プロセスの状況を、リアルタイムに見える化します。重要さも複雑さも増えつつある業務プロセス、複数のシステムやパートナーを跨いだワークフローなども見える化の対象となります。: 継続的な評価指標確認とプロセスの成果確認、プロセスの見直し 潜在的な(隠れた)業務プロセスからの深い洞察を取得. ビジネスに360°全方位的な視点を提供. // ビトリアオペレーショナルインテリジェンスは既存のアプリケーションやプロセスに手を加えたり新たなリスクをもたらすこと無く導入することが可能なソリューションです。不要なプロセスの発見と適切なプロセスへの改善にかかるコストを劇的に削減し、業務プロセスの見える化を実現します。 プロセスインテリジェンスの特徴と利点: 特徴: 利点: 連続的でリアルタイムのプロセスインテリジェンス 指標に対する連続監視、プロセス実行結果の見直しと改善 ビジネスプロセス、KPI、ビジネスゴールを素早く定義・捕捉 プロセス実行実績の多次元分析 サイクル時間、ボトルネック、スポット的な例外、トリガーとなる行動の検知 プロセス実行実績に対する「使える」洞察の提供 実行ログやイベントストリームからプロ セスの検知と監視を実施 「見えない」ビジネスプロセスから、より深いリアルタイムの洞察を得る 高度なパターンマッチング ビジネスニーズを処理しリスク要素に対応するためにプロセスの振る舞いを予知する(望ましいパス&例外的パスの分析) 予知分析(ベイジアン) 振る舞いを予知し、問題発生時の根本原因分析とリソースの最適化を指示する ボトルネックと生産性の分析 問題発生時の問題特定及びプロセスのボトルネックを解消する 過去、現在、未来(予知)のプロセス実績の関連づけ 異変の察知、結果の予知、プロアクティブな対応 プロセスインテリジェンスと状況監視のためのOIアプリケーション リアルタイム監視のための継続的なKPI作成と配置 ビジネスユーザーが簡単にビジネスプロセスを把握するためのモデリング環境 実行ログやイベントストリームからインタラクティブにプロセスを検知 企業を跨いだビジネスプロセスに対する実効性のある洞察の獲得 使いやすくリッチな実装済みプロセスダッシュボード KPIやSLA、ボトルネック、異常値やターゲット分析を素早く可視化 BPMN 2.0 準拠 BPMS、ワークフロー機能を完全サポート …

スマートグリッドセキュリティ
柔軟性と拡張性

クラウドアーキテクチャはユーザーの要求に応じて柔軟にスケールアップすることもスケールダウンすることも可能です。要求に合わせてスケールは調整され、必要に応じてリソースの追加や削除を行います。 ビトリアオペレーショナルインテリジェンスは、リアルタイムの連続ビッグデータ分析を実現するために柔軟で拡張性のあるアーキテクチャを提供します。オンプレミスでもクラウド上でも、ビトリアオペレーショナルインテリジェンスは要求に応じて多層、マルチスレッド、クラスタリング構成をとることができます。インメモリでの分析処理とダイナミックワークロードアサインメントのために、ビトリアオペレーショナルインテリジェンスはN+Kレジリエンシーを実現できるように設計されています。 // ビトリアの柔軟で拡張性のあるアーキテクチャ: 特徴と利点 特徴: 利点: 柔軟な拡張性 要求に応じたダイナミックスケール 新規アプリケーションの迅速なデプロイと優先度付け クラウド上で利用可能な多層クラスタリングアーキテクチャ プライベートクラウド、ハイブリッドクラウド、パブリック・パートナークラウドなどクラウド上での実行 自動ロードパーティショニングとアサインメント ダイナミックワークロードアサインメントによる効率的なハードウェア利用 フォールトトレランスと堅牢性 N+Kレジリエンシーによる高可用性の実現 洗練されたソリューション開発環境 早期構築とリリースによる価値向上 オペレーショナルインテリジェンスアプリケーション エンドユーザーが使いやすいアプリケーションを継続的かつ迅速に提供 共有スペースとライブダッシュボードによる共同作業 IT部門の作業量削減 統合プラットフォーム 自社開発のスイート製品 導入・管理が容易 //

ユニバーサルユースケース

ビトリアオペレーショナルインテリジェンスは、企業や組織が持つデータやイベント、ビジネスプロセスに対するリアルタイムの連続分析と洞察を得るための環境を提供し続けています。ビトリアはこれまで、通信、エネルギー、金融サービスなど様々な業界で長い間、そして広くワールドワイドで利用されています。 オペレーショナルインテリジェンスはほとんどの業界で共通かつクリティカルなビジネス課題の解決に適用されています。これらのユースケースは業界に関わらずカスタマイズすることによって、リアルタイム分析やビジネスプロセス管理に活用されています。 連続モニタリング 情報セキュリティ プロセスの可視化

情報セキュリティ

情報セキュリティのためのオペレーショナルインテリジェンス 情報セキュリティとは、検知システムやアクセス管理アプリケーションといったものから、脆弱性管理やポリシー コンプライアンス ツールといった物までを含む、ネットワークデバイスやセキュリティデバイスのポリシーの集合体を表します。セキュリティ情報イベント管理(SIEM)とは、これらのポリシーやデバイスによって作成されたものを、認識、集約、分析、提示するプロセスの事を言います。組織が SIEM を実装しようとした理由は、ログファイルの監査、システム変更の影響の監視、セキュリティ違反やそれに対する反応、ユーザのアクセス権限の管理などの一連のプロセスを通じて、状況認識、業務上の気づきを得るためです。 オペレーショナルインテリジェンスにより、組織は、全ての情報資産やネットワーク、システムから完全なる状況認識を得る事が可能になります。ビトリア オペレーショナルインテリジェンスを利用した情報セキュリティにより、リアルタイムに重要な情報資産を保護し、それらの状況を把握することが可能になります。ログは集約され、行動のパターンを見つけるために関連付けられ、ロールベースのライブダッシュボード上に表示されます。そして、もしアクションが必要な事前に定義されたビジネスルールがある場合、ビトリアはアラートを発生させて、緊急問題対応チームに知らせ、彼らがすぐにアクションをとれるようにします。

プロセスの可視化

隠れたビジネスプロセスに対するリアルタイム可視化 ビトリアオペレーショナルインテリジェンスのプロセス可視化ソリューションは、顧客経験価値や処理コスト、SLA(サービス品質保証契約)やKPI(重要業績評価指標)などに影響を与えるクリティカルなビジネスプロセスに対し、リアルタイムの可視化を行うことで、企業戦略の実施状況の進捗を監視可能にします。 業務プロセスは通常、ERPやCRMなど様々な企業内システムとのやり取りを行いますが、ほとんどの場合、これらのシステムの処理状況を確認する方法は提供されてはいません。また、各業務プロセスが分断されている場合、新しいビジネスチャンスやリスクを発見するのが極めて困難になるため、結果として深刻なSLA違反を引き起こしたり、顧客獲得のための大きな障害となり得ます。業務プロセスの可視化は、売上への貢献や顧客経験価値の向上、コンプライアンス管理などに直接つながります。 ほとんどの組織で特に重要なことは、顧客登録や受注後プロセス、サービスアクティベーションなど顧客に直接関わるプロセスに対し、例外的な事象や障害を早期に検知することで、顧客の流出や売上の減少を回避することです。オペレーショナルインテリジェンスを導入するだけで、実現が可能です。 ビトリアの 高度なプロセスインテリジェンス からリアルタイムビジネスプロセス監視の必要性と対象範囲をご確認ください。

連続モニタリング

連続モニタリングのためのオペレーショナルインテリジェンス 連続モニタリングとは、財務状況や業務活動に関するコンプライアンス上の問題やリスク管理上の問題を検知するためのソリューションです。ある特定の時点のスナップショットを分析することに比べ、リアルタイムモニタリングは不測の事態に際し、即座に適切な対応を取ることが可能となります。 オペレーショナルインテリジェンスは、日々変化し続ける業務活動に対し、これまでにない形のリアルタイムかつダイナミックな業務分析のための環境を提供します。ビトリアオペレーショナルインテリジェンスは、ストリーミングデータやトランザクションに対する見える化と深い洞察をもたらし、過去に蓄積してきたデータに現在の「生きた」情報を関連づけることで、適切かつ迅速な対応を実現可能とします。企業や組織におけるガバナンスの向上、コンプライアンスにかかるコストの低減、業務効率の改善にも役立ちます。ソリューションの導入は容易かつ短期間で行うことが可能であり、しかも既存のシステムにはほとんど影響を与えません。 オペレーショナルインテリジェンスによる連続モニタリングにより、様々なソースからの警告やアラート、各種トランザクションやイベントをリアルタイムに集約し、それぞれの情報に関連性を見いだすことで、経営層に対し状況認識のための情報と意志決定のために必要な情報が提供されます。

◎Vitria Technologyがリアルタイムビッグデータ分析のための新製品

AsiaNet 52101 共同JBN 0153 (2013.2.19) ◎Vitria Technologyがリアルタイムビッグデータ分析のための新製品、Operational Intelligence 4を発表 【米国カリフォルニア州サニーベール2013年2月19日】オペレーショナルインテリジェンス(Operational Intelligence)企業であるVitria Technology, Inc.(http://www.vitria.com/)は19日、ビッグデータ、ストリーミングイベント、ビジネスプロセスを継続的かつリアルタイムに分析し複合的に処理可能な唯一の統合プラットフォームであるVitria Operational Intelligence 4が利用可能になったと発表した。Vitria OI 4は柔軟性と拡張性を兼ね備えた唯一のオペレーショナルインテリジェンス(OI)・プラットフォームであり、どのようなサイズのビッグデータに対しても、継続的かつリアルタイムにしかも効率良く処理を行うことが可能である。 Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20120920/SF77971LOGO Vitriaの最高経営責任者(CEO)であるDr. ジョーメイ・チャンは「Vitria OI 4はこれまで以上の高速性と柔軟性を兼ね備え、通信サービスプロバイダー、エネルギー公益事業、金融サービス企業、ビジネス速度を加速させたい先進的企業が、ビッグデータをビジネスの変革と改善に有効活用するために必要なパフォーマンスと拡張性を提供できる」と語った。 スペインのIndra社は欧州、中南米に展開する大手コンサルティング・テクノロジーの多国籍企業の一つであり、過去3年間にR&Dに5億5000万ユーロを投資し、4万2000人のプロフェッショナルを雇用している。Indraのテレコミュニケーション・ディレクターであるジョン・ウォレス氏は「Vitria Operational IntelligenceによってIndra は、モバイル通信サービスプロバイダーの顧客に対する新たな顧客経験価値管理活動を迅速に展開することができた。Vitria OI 4はリアルタイムのビッグデータ・ネットワークイベントを解析することによって、ネットワークパフォーマンスに対する継続的なモニタリング環境を提供し、このデータをモバイル機器から送られてくるイベントや顧客情報と結び付けることで、当社サービスプロバイダーに個々の顧客経験に対する360度の全方位的な視野で深く知ることを可能にしてくれる」と語った。 ▽Vitria OI 4 の新機能 継続的、リアルタイムのビッグデータ解析:Vitria OI 4は動き続けるあるいは静的なビッグデータに関する継続的かつリアルタイム分析ができる。ユーザーは今後、Hadoopからソーシャルメディア・ストリームまで多種多様なデータに対し、単一のライブダッシュボード上で比較し、結合し、相互に関連付けることができる。 柔軟で拡張性のあるオペレーショナルインテリジェンスアーキテクチャー:Vitria OI 4はどのような規模でも容易にリアルタイムのビッグデータの問題に対応するため、柔軟で拡張性のあるOIを提供する。Vitria …