ビトリアプロフィール

ビトリア・テクノロジーは変化の激しいビジネスニーズに応じた最も革新的なソリューションを提供することにより、多くの企業をよりダイナミックに変革することを強力にサポートします。 ビトリアは革新性、リーダーシップ、業界の専門知識を組み合わせ、お客さまとビジネスパートナー等を含めた戦略的なビジネスプロセスをドラマティックに変革するお手伝いをいたします。

お客さま

ビトリアは2000社以上のお客さまにご採用を頂いております。 ヘルスケア、保険、通信、金融サービスそして製造業のお客さまのシステム、従業員、取引先の戦略的なビジネスプロセスへの変革にお役立ていただいております。 ビトリアのお客様にはAT&T, Bell Canada, Blue Cross Blue Shield Association, BP, BT, DaimlerChrysler Leasing, Generali, 日産自動車, Reynolds & Reynolds, RBC Financial Group, Sprint, U.S. Department of Defense, and Veterans Health Administrationなど幅広い業種のお客様にご利用頂いています。

パートナー

ビトリアは世界中の大手システムインテグレーター様、テクノロジーパートナー様、リセーラー様と友好的なパートナーシップを実現しています。

歴史

1994年の創業以来、ビトリアは先駆者として、ビジネスプロセス統合市場を開拓し続けています。

2009年:ビトリアはフォーブス.comに掲載されました。 M3Oは、ガートナーBPMカンファレンスでGartnerの副社長ジャネルヒルより”BPMの未来”と評されました。 。またビトリアは、Intelligent Enterpriseより”2009年のBPMカンパニーto Watch”とも評されております。

2008年:Vitriaは業界初の統合されたWeb2.0ベースのBPMとオペレーショナルインテリジェンスの製品nM3Oを発表、出出荷いたしました。この製品はビジネスを洞察し、直接モデル化し、管理、監視、そしてビジネスプロセスの最適化を可能とします。

2007年:業界パイオニアとしての戦略的ビジョンの維持と、顧客やパートナーに最大限の価値を提供し続けるため、プライベートカンパニーになりました。

2006年:独自のSOA開発方法論に基づき、マスタDBを論理的に統合してサービス化を行うマスタDB統合ソリューションを発表。

2005年:既存のアプリケーションやシステム、パートナー間のトランザクションを効率的に活用&統合しながら、企業の複雑な統合問題を短期間・低コストで実現するため、ビジネスプロセスを中心としたアプリケーション(Business Process Application)と、業界初の業務例外管理アプリケーションの提供を開始。

2004年:通信およびサプライチェーン向けオーダーマネジメントソリューション、ヘルスケア向けHIPPA対応ソリューション、金融機関向けSTP&SWIFTソリューションといった産業別ソリューションの提供を開始。

2003年:次世代SOAベースのBPM統合プラットフォーム「BusinessWareバージョン4」を発表。Business Integration Journalの「Product of the Year」を受賞

2002年:Vitria が “コラボレーティブ アプリケーション” という新しい製品カテゴリを開拓。 これによりインテグレーション マーケットに新しい領域を生み出す。

2001年:VitriaがBAM、BVMの革新的な機能を開発

2000年:VitriaがEAI、BPM、B2Bの各機能を単一の統合プラットフォームに搭載

1999年:9月にVITRとしてNASDAQに上場しました。

1997年:Vitria がビジネスプロセス・マネジメント ( BPM ) の草分けに

1994年:VitriaはEAI,ビジネスプロセス管理(BPM)及び企業間統合(B2Bi)を実現するプラットフォームの開発と、エンタープライズアプリケーション統合のために創業されました。
ロケーション

本社はカリフォルニア州サニーベールに位置し、北米、南米、ヨーロッパ、オーストラリア、そして日本に事業拠点を持ちます。