ケーススタディ

ビトリア ケーススタディ

ビトリアはグローバル電機メーカーのグローバルな業務に360˚ビューを提供しました
我々のお客様(非公開)であるグローバル電機メーカーは、担当者が ERP 統合業務チームをダッシュボード上の監視システムを使用して迅速で簡単に管理できるようになることを望んでいました。上層部は当初、アプリケーション、データベース、サーバ、ネットワークを管理するソリューションを内製することを考えましたが、すぐにそれは実行不可能なことであるとの結論に至りました。ビトリアオペレーショナルインテリジェンスプラットフォームを使用して、彼らはロールベースダッシュボードを簡単にカスタマイズできました。それは開発者にではなく、業務マネージャによって作成されました。

MID ビジネスは、ビトリアと共にブラジル農村部の調理ガス供給事業の主導権を確保しました
ビトリアオペレーショナルインテリジェンスプラットフォームは複数の技術を統合して統一されたソリューションを提供することが可能です。そのため、2008年にビトリアが選択されたのは自然な事でした。当時 MID ビジネスは、電話会社(Oi)、液化石油ガス供給会社(Ultragaz)、クレジットカード会社(Oi Paggo)と戦略的提携の実施に着手しており、LPガスシリンダーを農村部の顧客にシームレスに届けるために関連する技術を統合する必要がありました。

TXU エナジーは、ビトリアオペレーショナルインテリジェンスを使用してカスタマーサービスを向上させました
競争が激化し、規制緩和の進む電力業界において、TXU エナジーは、新規および既存の顧客にシームレスな顧客経験価値を提供する事に焦点を当てました。TXU は、シームレスな顧客経験価値を確保するため、顧客の新規登録プロセス、それは元々複雑で管理するのが難しいシステムやプロセスでしたが、そのプロセスに対し、エンドツーエンドのリアルタイムビューを要求しました。その目的のため、TXU はプロセスの見える化を進め、そのプロセスの状態を分析し、顧客への影響を最小限にするための是正措置を実行できるようにする必要がありました。

R ケーブル y テレコミュニケーションガリシアは、ビトリアオペレーショナルインテリジェンスを使用してフィールド業務を最適化
スペイン北部ガリシア州で携帯、テレビ、インターネットサービスのリーディングプロバイダである R ケーブルは、要求レベルの非常に高い顧客経験価値を提供しつつ、収益を上げるために、新規登録や保守の管理を改善する必要がありました。そのために、R はビジネスプロセス全体を見渡せるリアルタイムの見える化を行い、いつプロセスが危うくなるか知り、顧客に影響が及ぶ前に問題を修正する必要がありました。

アンドラテレコムは、ビトリアオペレーショナルインテリジェンスを使用して、業務の効率化を行い、顧客満足度を向上させました。
業績を向上させ、なおかつ高品質の通信サービスの提供を達成するために、アンドラテレコムは、運用効率の向上をはかりながら顧客満足度を向上させるという、背反しそうなビジネスプロセスを見事に実現しました。これらの目標を達成するために、アンドラは、ビジネスプロセスとシステムの新たな見える化とキーになるビジネスシステムの判断基準の洞察を、ビジネス全体の情報を相互作用する状況を見える化し、それらを共有する機能、および迅速かつ効率的にプロセスの例外にまで対処する能力とそれらを提供するソリューションを必要としていました。

通信、メディアを扱う企業は、オペレーショナルインテリジェンスを実現し、見込み客や業務上の問題への応答時間を少なくしました
通信、メディアを扱う某企業は、応答時間を減らし、顧客経験価値にマイナスの影響を与える問題を避けたり、除去し、熾烈な競争に対応するため製品やプロセスを頻繁に変えることが可能になるようにする必要がありました。これらのチャレンジに対し、そのお客様は業務の見える化を行うために革新的な方法を採用し、少ない投資で多くのものを得、既存の資産を活用することができました。

アナリストによるケーススタディ

ガートナー: ケーススタディ - TXU エナジーによるオペレーショナルインテリジェンスシステムに学ぶ
テキサス州最大の電力小売供給事業者である TXU エナジーは、ガートナーリサーチ、IT の研究、アドバイスを行うリーディング企業、によって新しいケーススタディの対象になりました。レポート内で次の事が述べられています。「このリサーチでは、リアルタイムオペレーショナルインテリジェンスが複雑なビジネスプロセスにおける顧客サービスをどのように改善したかを説明しています。IT リーダ、ビジネスリーダ、ビジネスアナリストは、リスクを最小限にし、投資を迅速に回収するためのベストプラクティスを理解する必要があります。」

IDC ベンダースポットライト: オペレーショナルインテリジェンスシステムを情報をナビゲートするソフトウェアと共に改善する
グローバル独立リサーチ会社 IDC は、ビジネスナビゲーション技術のトレンドとこの新しい市場でのビトリアの役割についてベンダースポットライトの中で報告しています。この資料をダウンロードして、オペレーショナルインテリジェンスによりどのようにしてリスクを軽減し、重要な業務上の意思決定をリアルタイムに行えるようになるかを知ることができます。

パートナーによるケーススタディ

Everis、R ケーブル: REAI プロジェクト(ミドルウェアのインストール)
「ビトリアは、我々の統合に関する知見をそれが実行される前に変えてくれました。それらのプロジェクトは現在でも稼動していますが、技術的にはかなり複雑であると考えられます。また、開発、保守には多大な努力が必要ですが、それは同時に重要なビジネスプロセスを減らし、機械化する機会でもあり、それにより統合に関する変更や開発のコストを大幅に減らす機会であると判明しました。」

Optare ソリューション、Rケーブル: MVNO サービスプロビジョニング投入
「新規 MVNO フルサービスを立ち上げる事はどんなキャリアにとってもチャレンジングなことですが、それを10ヶ月未満で成し遂げるということはまさに冒険に他なりません。この成功により、我々の顧客はスペインで MVNO をスタートさせた最初の企業の一つになりました。」