通信サービスプロバイダ

ビトリアは、グローバルに展開する通信サービスプロバイダ企業に、ネットワークサービスアシュアランスを提供しています

M3O オペレーショナルインテリジェンス プラットフォームは、例外管理ソリューションを低コストで提供しています


要旨

M3O オペレーショナルインテリジェンス プラットフォームは、管理のしやすい低コストの統合ソリューションを提供し、利益を劇的に上げ、顧客経験価値を全体的に改善し、CSP のビジネスの拡大を促進させます。

ネットワーク サービス アシュアランスに取り組む事を明確にする事が、全ての CSP の成功のカギになります。ネットワーク サービス アシュアランスの重要なパーツとなるのが、携帯用広帯域アンテナ用 OSS 上の問題の数を迅速に効率よく減らす能力です。

CSP で問題になっているのは、例外に対するアラームの発生がとても遅い事と、例外が警告もなく発生している事です。M3O オペレーショナルインテリジェンス プラットフォームを使うことによってボトルネックやアンテナの障害、ネットワークの過負荷、CPU 消費(使用率、起動プロセス数超過、ウェブやファイルシステムの占有など)を検知したり、あるいは未然に防ぐ事ができます。

ほとんどのグローバル CSP では、通常月に1千万件台の、非常に大量のイベントが、OSS ネットワークレベルで発生しています。これらのイベントには、OSS からのアラーム、携帯網からの情報が含まれます。

このお客様の目的は問題の数を減らし(少なくとも3分の1に)、対処したいということでした。このことを実現するため、携帯網から来たイベントには、インフラをサポートするさまざまなシステムからのイベントと関連付けを行いました。

ビトリア M3O オペレーショナルインテリジェンス プラットフォームは、内部の情報システムと簡単に統合し、OSS ネットワーク機器からの情報を巡回させる事が可能です。これら内部情報システムは新しいパターンを返し、そのパターンはパターンマッチ用クエリに使用されます。内部情報システムによって新しく発見された問題検出用パターンを使用して、クエリは自動的に再定義されます。


チャレンジ

  1. スイッチ、サーバ、プロビジョニングシステムなどの機器で発生する問題の数を減らす(少なくとも3分の1に)、または未然に防ぐ
  2. パターン検知時の指定アクションの自動実行
  3. 統合システムソリューションの使いやすいインターフェースの提供


要件

OSS にて発生したリアルタイムイベントをモニターし、OSS ネットワーク機器のパフォーマンスや動作に関する重要な情報を提供する。

  1. 特定のイベントが発生した場合にアラートを発生させ、それら全体の見える化を行う
  2. 入力イベントの複雑なパターンを検知できるようにする
  3. 特定アラートに対する修正アクションを自動または手動で定義できるようにする
  4. ビジネスユーザが定義したダッシュボードをインストールできるようにする


なぜビトリアなのか

M3O オペレーショナルインテリジェンス プラットフォームにより、事象やアラームが発生する前に検知できるようなイベントパターンを発見することができるようになり、ビジネスユーザが問題を完全に防止するためのアクションを実行する事を可能にします。M3O オペレーショナルインテリジェンス プラットフォームは、数週間で稼動開始することができ、数ヶ月で結果を出すことが可能です。


お客様の声

「私たちはその開発の速さに感激しています。最初のフェーズの商用稼動まで4週間しかかかりませんでした。M3O 稼動からの数週間で、以前のソリューションでは1年かかって得られたもの以上のものを得られました。M3O はより洗練された機能を提供しており、結果としてより高機能なシステムを手に入れることができました。」