サムスン電子

要旨

2010年、サムスン電子は、ERP(SAP) システムを韓国の本社に一元的に統合するという野心的なプロジェクトを開始しました。この新しい業務を効率的に管理するため、サムスン電子は、システムの複数の視点を管理し、エラーを減らし、業務の中断を減らすための、統合モニタリングソリューションを要件としてあげました。

既存の複雑なモニタリングソリューションでは、多くの部署が統合システムに対するさまざまなモニタリングツール、例えばアドビフレックスや別のウェブベースのツール、をすでに用意しており、運用担当者は困っていました。

サムスン電子は、既存の標準 ERP ウィジェットリポジトリに準拠した、完全に統合されたソリューションを必要としていました。ウィジェットを利用する機能は、エンドユーザがリポジトリ上で使用可能な標準ウィジェットを使用して、迅速に、簡単にダッシュボードを作れるようにするのに必要です。そのためサムスン電子は、ビトリア M3O オペレーショナルインテリジェンス スイートを選択し、既存の監視画面を単純化し、統一するために、そのダッシュボード統合機能を選択しました。

導入のポイント

サムスン電子は、主な業務担当者が新しいシステムを迅速にかつ簡単に管理できるようになるべきと考え、そのためにそのようなダッシュボード モニタリングシステムを ERP 業務チーム全体のために早急に作成することが必要でした。役員は当初、アプリケーション、データベース、サーバー、ネットワークを監視するソリューションを、アドビ フレックス開発キットを使用して自社で開発しようとしました。しかし、それが良くない選択であるという結論にまもなく達しました。なぜなら、ちょっとした変更や改良をするにも開発チームへの依頼が必要になってしまったからです。

要件:

  1. 既存のアプリケーション、データベース、サーバ、ネットワークと迅速かつ容易に統合できるソリューションであること
  2. 変更、改良、開発が容易であること
  3. ERP 標準に準拠していること
  4. 高度な再利用性を有していること
  5. 企業全体で共有する標準ウィジェットリポジトリのサポート
  6. 短い開発期間 – 3ヶ月以内

なぜビトリアだったのか

アドビを使用した自社開発のソリューションを検討した後、サムスン電子は、保守が簡単で、再利用性が高く、開発期間が短いビトリアのオペレーショナルインテリジェンス ソリューションを選択しました。

M3O オペレーショナルインテリジェンス スイートにより、業務マネージャは開発者やデザイナーに頼ることなく、迅速かつ容易にダッシュボードを作成できるようになりました。

また、業務実行者は個人用のダッシュボードを簡単にパーソナライズできるようになりました。その結果、他の部署もそのソリューションを企業全体に拡張することにより、その成功にあやかりたいと考えています。

お客様の声

「M3O の直感的なダッシュボードにより、ERP システムの現在の業務状況が一目で分かります。」 と、サムスン電子主席エンジニアの JS Baek 氏は語ります。「結果的に、現在サムスン電子のほとんど全員が M3O リアルタイム ダッシュボードを見ています。」