M3Oオペレーショナルインテリジェンスプラットフォームv3.2のリリース

複雑なパターンと脅威のリアルタイム解析を可能に

サニーベール、カリフォルニア州 – 2011年6月30日:

ビトリアは、リアルタイムのビジネス分析とインテリジェンスのためのM3Oオペレーショナルインテリジェンスプラットフォームv3.2のリリースを発表しました。リアルタイムソリューションの迅速な展開のため、ビトリアM3Oにより、ビジネスリーダーは速やかにインパクトを最大化し、情報を意思決定できます。 M3Oの利用には、高度なサイバーセキュリティ、サービス保証、SLA管理、顧客経験の管理と隠されたビジネスプロセスへの洞察などが含まれています。
10倍速の向上に伴い、M3Oのリアルタイム分析エンジンは、最も困難なCEPの問題に取り組んでおり、その高度な脅威検出は、サイバーセキュリティから増加の一途を辿る様々なソーシャルメディアデータの評判管理にまで及びます。 M3Oリリース3.2は、より多くのデータをより高速に処理できるだけでなく、より複雑なパターンを分析でき、ストリーミングデータのボリュームからの、新しいタイプの脅威と機会の迅速な検出を可能にします。したがって、M3Oは、リアルタイムの行動ベースの分析、トレンド分析、統計、および機会の評価とスコアリングを提供できます。それによって、今までのほとんどのCEP製品の能力を超えた、オペレーショナルインテリジェンスの汎用性を拡張します。

ビトリアCTOデールスキーンによると、「ガートナーは、<大容量データ>の3つの課題をボリューム、速度および多様性と定義しています。ビトリアのM3Oオペレーショナルインテリジェンスプラットフォームのみが、上記のすべての3つの課題を乗り越えています。独創的な、即座にパターンを識別するパフォーマンスと柔軟性や、大量ストリーミングデータから、意思決定者へ洞察を提供します」

M3Oには、リアルタイムで大容量かつ多く種類のデータを処理するためのユニークな機能があります。シンプルな表形式データを中心に構築されたプラットフォームとは対照的に、M3Oは、XMLのネイティブサポートにより、豊かに構造化されたデータ、半構造化されたデータ、および不十分な構造化データを処理できます。RSSフィード、ソーシャルメディアのアクティビティストリームだけでなく、インターネット上のデータのほとんどのソースは、毎分数百万メッセージの割合で分析できます。意思決定者は、ビジネスポリシーとプロセスに基づいて直ちに行動をとるために、リアルタイムの洞察力を提供されるのです。

ビジネスユーザーとITユーザーを支援するために、M3Oの簡易なダッシュボード構築機能により、リアルタイムデータを表示し、直感的な、役割ベースのダッシュボードを作成します。M3Oのダッシュボードにより、ユーザーはマウスをクリックするだけで、オペレーショナルインテリジェンスの力を活用し、リアルタイムの情報に基づいて行動できるようになるのです。M3Oは、オンプレミスまたはクラウドで利用可能です。ビトリアM3Oオペレーショナルインテリジェンスプラットフォーム3.2のデモをご覧になられたい方は、下記までご連絡ください。

ビトリアについて
ビトリアテクノロジー株式会社は、事業活動を分析し、リアルタイムのアクションを実行するソリューションを開発しています。オペレーショナルインテリジェンスプラットフォームをパートナーや顧客に提供することで、迅速な意思決定を支援します。技術のパイオニアとしての豊富な資産と、受賞歴もある、ビトリアのプロセス統合ソリューションは、多くのグローバル2000企業のミッションクリティカルなビジネスプロセスを後方支援しています。ビトリアは、北米、南米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、そして日本でも事業を展開しております。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>