フィードサーバー

WP_fig6ビトリアリアルタイムフィードサーバーは、フィードの管理に特化したビトリアオペレーショナルインテリジェンスの基幹コンポーネントです。フィードサーバーはJMSRSSWebサービス、データベース等の新旧の情報ソースとのシームレスな接続を提供し、what-if 分析、イベントのアーカイブ、フィード履歴によるリカバリ機能を実現します。フィードサーバはどのような場所からのどのようなデータでも迅速に取り込む事が可能です。例えば、社内アプリケーションやシステム、パートナー、ソーシャルメディアなどからデータを取り込む事が可能で、構造化データ、一部構造化されたデータ、非構造化データのいずれも取り込む事が可能です。

WP_fig7

ビトリアリアルタイムフィードサーバーを使用して、大量のリアルタイムイベントを必要に応じて複数のアナリティックエンジンに振り分けたり、管理したりする事も可能になります。ビトリアフィードサーバーはフィードの永続機能、スケーラビリティ、可用性を提供し、リアルタイム分析を補助し、フィードの価値を高めます。

Request Demo

イベントアーカイブ

  • これまでのイベントを再生することによる処理分析の簡略化
  • what-if分析を使用することによる考察時間の短縮
  • 過去の処理の分析を行うことによる、サービスレベルアグリーメントの再調整
  • 現行フィードと履歴フィードの切り替え
  • 現在および新規のイベントサブスクライバに対して即座に過去のフィードイベントを再送

サマリーウィンドウ(フィード上のイベントのサマリー管理)

  • コネクションが切断しても、直ちにフィードに対しイベントの再送を実行

スナップショット(データマートの動的構築)

  • 最新の傾向と過去の傾向との比較
  • 従来のビジネスインテリジェンスシステムとの相互運用
    • リアルタイムフィードによる既存BIシステムの拡張
  • データマートの履歴サマリ作成
  • リアルタイムデータと履歴データとを比較した傾向把握
  • データの整合性保証と過去データの分析時間短縮のための、BIデータマートのリアルタイムスナップショット作成
  • 情報分析のための可視化時間や分析時間短縮

スケーラブルフィードディストリビューター

  • 大規模かつスケーラブルな配置
  • 突然の変化や予測不可能な負荷への対応、必要に応じてサーバ数を増減
  • 複数のイベント作成者とイベント処理者に対する、大量リアルタイムイベントのストリーム処理

メッセージ配信に対する保証

  • サブスクライバに対し、適切な順番でイベントが配信されることを保証

サポートするオペレーティングシステム

  • Microsoft Windows
  • Red Hat Linux
  • Sun Solaris
  • HP-UX

Request Demo