高度なプロセスインテリジェンス

高度なプロセスインテリジェンスのためのビトリアオペレーショナルインテリジェンス

業務プロセスは通常、ERPやCRMなど様々な企業内システムとのやり取りを行いますが、ほとんどの場合、これらのシステムの処理状況を確認する方法は提供されてはいません。また、各業務プロセスが分断されている場合、新しいビジネスチャンスやリスクを発見するのが極めて困難になるため、結果として深刻なSLA(サービス品質保証契約)違反を引き起こしたり、顧客獲得のための大きな障害となり得ます。業務プロセスの見える化は、売上への貢献や顧客経験価値の向上、コンプライアンス管理などに直接つながります。

ビトリアオペレーショナルインテリジェンスのプロセス可視化ソリューションについて

経営層はもちろん現場で直接ビジネスに関わっているスタッフに対し、オペレーショナルインテリジェンスは、これまではサイロ化された管理レポートや管理システムでしか見ることのできなかった業務プロセスの状況を、リアルタイムに見える化します。重要さも複雑さも増えつつある業務プロセス、複数のシステムやパートナーを跨いだワークフローなども見える化の対象となります。:

  • 継続的な評価指標確認とプロセスの成果確認、プロセスの見直し
  • 潜在的な(隠れた)業務プロセスからの深い洞察を取得.
  • ビジネスに360°全方位的な視点を提供.



ビトリアオペレーショナルインテリジェンスは既存のアプリケーションやプロセスに手を加えたり新たなリスクをもたらすこと無く導入することが可能なソリューションです。不要なプロセスの発見と適切なプロセスへの改善にかかるコストを劇的に削減し、業務プロセスの見える化を実現します。

プロセスインテリジェンスの特徴と利点:

特徴: 利点:
連続的でリアルタイムのプロセスインテリジェンス
  • 指標に対する連続監視、プロセス実行結果の見直しと改善
  • ビジネスプロセス、KPI、ビジネスゴールを素早く定義・捕捉
プロセス実行実績の多次元分析
  • サイクル時間、ボトルネック、スポット的な例外、トリガーとなる行動の検知
  • プロセス実行実績に対する「使える」洞察の提供
実行ログやイベントストリームからプロ
セスの検知と監視を実施
  • 「見えない」ビジネスプロセスから、より深いリアルタイムの洞察を得る
高度なパターンマッチング
  • ビジネスニーズを処理しリスク要素に対応するためにプロセスの振る舞いを予知する(望ましいパス&例外的パスの分析)
予知分析(ベイジアン)
  • 振る舞いを予知し、問題発生時の根本原因分析とリソースの最適化を指示する
ボトルネックと生産性の分析
  • 問題発生時の問題特定及びプロセスのボトルネックを解消する
過去、現在、未来(予知)のプロセス実績の関連づけ
  • 異変の察知、結果の予知、プロアクティブな対応
プロセスインテリジェンスと状況監視のためのOIアプリケーション
  • リアルタイム監視のための継続的なKPI作成と配置
  • ビジネスユーザーが簡単にビジネスプロセスを把握するためのモデリング環境
  • 実行ログやイベントストリームからインタラクティブにプロセスを検知
  • 企業を跨いだビジネスプロセスに対する実効性のある洞察の獲得
使いやすくリッチな実装済みプロセスダッシュボード
  • KPIやSLA、ボトルネック、異常値やターゲット分析を素早く可視化
BPMN 2.0 準拠
  • BPMS、ワークフロー機能を完全サポート


Operational Intelligence - Process Visibility - Advanced Process Intelligence