リアルタイムモニタリング

オペレーショナルインテリジェンスを利用したリアルタイム モニタリング

リアルタイムモニタリングとは、財務状況や業務活動に関するコンプライアンス上の問題やリスク管理上の問題を検知するためのソリューションです。ある特定の時点のスナップショットを分析することに比べ、リアルタイムモニタリングは不測の事態に際し、即座に適切な対応を取ることが可能となります。

オペレーショナルインテリジェンスは、日々変化し続ける業務活動に対し、これまでにない形のリアルタイムかつダイナミックな業務分析のための環境を提供します。ビトリアオペレーショナルインテリジェンスは、ストリーミングデータやトランザクションに対する見える化と深い洞察をもたらし、過去に蓄積してきたデータに現在の「生きた」情報を関連づけることで、適切かつ迅速な対応を実現可能とします。企業や組織におけるガバナンスの向上、コンプライアンスにかかるコストの低減、業務効率の改善にも役立ちます。ソリューションの導入は容易かつ短期間で行うことが可能であり、しかも既存のシステムにはほとんど影響を与えません。以下はリアルタイムモニタリングを効果的に利用した事例となります。

ガバナンスおよびコンプライアンス

あらゆる組織は、目標達成に向けた活動や成果を監視する必要があります。常に現状を把握しながら、新しい機会を逃さず、必要に応じて計画の見直しや変更が行える組織は最良の組織と言えるでしょう。オペレーショナルインテリジェンスを利用することで、イベントやデータの動きの中に潜むパターンをリアルタイムに認識し、収益やガバナンス向上のための適正リソース配置とコスト削減を図ることが可能です。もちろん、重要業績評価指標(KPI)監視もダッシュボード上でリアルタイムに監視できます。

状況認識

現在の状況、重要な局面を逃さずに適切な行動を起こすことは、成功のための大切な鍵となります。これまでのソリューションでは、個々の情報の関連性の欠如や情報自体の不完全さ、そして情報を得るタイミングが遅すぎるといった問題がありました。オペレーショナルインテリジェンスのCEP(複合イベント処理)技術により、様々なソースからの警告やアラート、各種トランザクションやイベントをリアルタイムに集約し、それぞれの情報に関連性を見いだした上で、意志決定のために必要な情報を提供します。