オペレーショナルインテリジェンスの効果

ビジネスユーザーにとってのオペレーショナルインテリジェンス

ビトリアオペレーショナルインテリジェンスを利用することで、ビジネスユーザー、特に何らかの意志決定を行う立場の方々は、最も効果的なタイミングで最も適切な意志決定を迅速に行うことが可能となります。CEP(複合イベント処理)技術を使い、動き続けるビッグデータや静的なビッグデータから複雑なパターンを分析することで、新たな脅威やビジネスチャンスを検知することが可能です。特にリアルタイム分析や傾向分析、評価分析などにその効果を発揮します。また、本製品はユーザーが直感的に利用可能なダッシュボードを簡単に短期間で作成するための機能を持っているため、リアルタイムに得た分析結果に基づいて適切な処理を簡単に行うことが可能です。

オペレーショナルインテリジェンスがビジネスユーザーに対し、深い洞察の獲得と意志決定支援のためにいかに役立つか、 通信スマートエネルギー金融サービス政府ヘルスケア もしくは お問い合わせ にてご確認ください。

ITシステムユーザーのためのオペレーショナルインテリジェンス

システム的に見た場合、ビトリアオペレーショナルインテリジェンスはERPやオーダー管理システムなど既存のシステムやソリューションの外側に配置され、ビジネスユーザーとシステムユーザー双方に既存システムやサイロ化された情報に対する「見える化」を提供します。例えばHadoopからCEPに取り込まれた多種多様なデータソースを比較・複合・監視した結果を単一のビューに表示します。情報の取得に際し、オペレーショナルインテリジェンスは既存システムに対しエージェントのようなものを組み込んだり過度の負荷をかけるようなことがないため、新しいシステムの導入における不安や負荷を著しく軽減することが可能です。ビジネスユーザーが必要な物をシステムユーザーの負担を極力抑えながら提供する、オペレーショナルインテリジェンスが目指す、新しいシステム導入の形です。

ビトリアオペレーショナルインテリジェンス4の製品詳細、 フィードサーバー複合イベント処理エンジン (CEP)モデラーライブダッシュボードビジネスプロセス管理 モジュールから、より技術的な情報をご確認ください。