センターオブエクセレンス

センターオブエクセレンス(COE)は、ビトリアプロフェッショナルサービスのインプリメンテーション方法論の礎となってきました。そして現在のマーケットで注力しているのは、弊社のお客様にとってCOEが不可欠なもとなっている理由を追加することです。

試行錯誤のための許容誤差の減少

予算が縮小されるにつれて、過失に対する余地が無くなって来ました。製品の学習や、実装の為の最善の演習やテンプレートを開発することはとてもコストやリスクが伴うものです。しかし、一方で初期のプロジェクトは価値の証明を行わなければならなく、そして今後作成される多くのプロジェクトの土台となるため適切な実装を行う必要があります。ビトリアのCOEはお客様のテスト/リソース/知識/実装の負担からくる初期負担を軽減するためのお手伝いをいたします。

サービスとしてBPMやアナリスティックスを提供する必要性

企業はBPMやアナリスティックスを実装するプラットフォームとしてクラウドに目を向けております。それはクラウドベースのモデル(内部または外部にホストが置かれている)は能率を向させると十分立証されているためです。それらのクラウドやホストの実装を次のレベルに持っていくためにはコアサービス、ベストなトレーニング、管理、テンプレートの再利用、実装によって運用されている必要があります。別の言い方をすれば、本当のサービスとしてBPMやアナリスティックスを使用するためにはクラウドベースのホスティングモデルにCOEを構築する必要があります。

お客様がビトリアのサポート/教育/サービス/エンジニアリングの各エリアにフルアクセスできることは価値があります。これらのCOEによって構築された活動は私たちのクライアントに非常に高いクオリティの実装の達成を保証します。ビトリアのCOEはビトリアプロフェッショナルサービスとの密接な協力とビトリアの実証済みの手法を使用するベストプラクティスを通じて、お客様のプラットフォームの全体的な質を高める支援を目的としています。

また、ビトリアのCOEはビトリアプロフェッショナルサービスのアジャイル総合データ処理の方法論を内包しております。これはBPMやアナリスティックスプロジェクトをスプリントチームが実装した後に迅速かつ効率的に運用の拠点を構築する方法論になります。スプリントチームはCOEを展開することによってトレーニングや一般的なナレッジとして提供する準備を整えます。COEの展開は実装中または実装後にどのような問題が発生したとしても、サポートの最前線として機能させることができます。最終的に、そして最も重要な役割として、COEは顧客のチームに長期的な自己解決を保証するための矛盾の無い完全なナレッジトランスファーを手助けします。プロジェクトスプリントの一連の流れが完了した後のビトリアのCOEの目的は内部的なコアコンピテンシーを構築することによって外部ヘルプへの依存度を軽減することになります。