デマンドレスポンス管理

オペレーショナルインテリジェンスを利用した需要応答管理

エネルギー消費量が上昇する昨今、発電事業者と電力事業者は、ピーク時間帯に電力インフラにかかる負荷を軽減するために需要応答プログラムを配備しています。需要応答プログラムの成功事例では負荷の軽減とコスト削減を実証しました。

今やスマートメーターとスマートグリッド技術が展開されつつあり、需要応答プログラムは需要、供給情報や価格情報のリアルタイム受信に関して最適化が可能になっています。需要管理が国のエネルギー戦略のキーになる中、このプログラムが改善されることは不可欠です。

オペレーショナルインテリジェンスは、ISO(独立系統運用機関)や電力事業者、消費者にリアルタイムの情報を共有させる事により、需要応答プログラムを、柔軟で応答性が良く、管理しやすくします。

ビトリア オペレーショナルインテリジェンスを利用した需要応答プログラムにより、プライスシグナルや需要要求、その他の要因を考慮して、電力使用を予測して選択できるようになります。ビトリア OI により、電力事業者は、プログラムのパフォーマンスレポートや影響分析を提供する業務統計機能などの、プログラム管理機能の恩恵を受ける事ができます。また OI の洞察機能により、電力事業者は、顧客の属性や動機、行動のどのような組み合わせが最適になるか、調査したり特定する事が可能になります。結果として、より早く、スマートに、経済的に良い決断を下す事が可能になります。