柔軟なオペレーション キャパシティ

金融サービス企業は、新しい要件に対応するため、実際の業務を適合させるためのキャパシティを迅速に創り出す機敏なオペレーションを必要とする。合理化、簡素化、およびオペレーショナルインテリジェンス ダッシュボードのような新しい管理ツールは、コストを削減し、制御と監視を強化し、ビジネスのニーズをサポートすることができます。

アナリストに対して、ビトリア オペレーショナルインテリジェンスは、シンプル且つ透過的なイベントデータ及びプロセスのビューを提供することによって、変革を要求されるオペレーションについてのワークフローを最適化するためのアクションを即座に実行することが可能になります。 金融サービス企業は、オペレーショナルインテリジェンスによって、コアとなるアプリケーションの統合を、人手による回避策を講じることなく業務プロセスの自動化によって合理化を図ることができます。そして、最終的にコスト削減、業務エラー低減につながる業務改善のコントロールを手に入れることになります。