トレードリコンサイルとリスク管理

リコンサイルとは、2つの異なる情報源からのデータを比較し、両方の情報源が同じデータを正確に含むことを保証することです。 今日の経済では、より簡素化され、より透明化されたリコンサイルが必要とされています。 リコンサイルへの取り組みは、プロセスのキャプチャーおよび照合、エクセプションリストの作成、あらゆるエクセプションの管理、問題解決の状況のレポートを含まなければなりません。リスク管理に関する要件の増大により、これまで以上に頻繁且つ透過的なリコンサイル結果が求められます。

リコンサイル例外の発生と管理は、非常に時間と人手がかかります。リコンサイルパフォーマンスを評価するために必要なデータは、すぐに有効にはなりません。リコンサイルのデータソースは散在しているため、必要となるデータを連動させることは非常に困難です。ハイリスクエクセプションの識別、エスカレーション、アラートは遅くなりがちです。また、幾つかのプロセスは自動化され、他のプロセスは手動であったりするかもしれません。

ビトリア オペレーショナルインテリジェンス:OIはリコンサイルプロセスにおいて、サイロ化したシステムのイベントやデータを分析・特定するための、エンドツーエンドの「見える化」を実現します。OIによって、ビジネス状況の前後関係のビューを単一のダッシュボードに表示させ、リアルタイムに潜在的なリスクの高い業務例外を分析・対応することで、金融サービス企業は、業務効率を改善し、リスクを軽減することが出来ます。そして、最終的にコスト削減、業務エラー低減につながる業務改善のコントロールを手に入れることになります。