セマンティックSOAガバナンス

セマンテックSOAガバナンスは、ビジネスのミッションがサービスオリエンテッドインフラストラクチャに正確に合致し、開発されたサービスが再利用可能であることを保証するための方法論です。それゆえ新しいアプリケーションの構築時に時間とコストを削減できます。さらに、ビジネスオペレーションとエンタープライズアーキテクチャの観点からITインフラストラクチャの高度な分析を容易にしています。セマンテックとBPMの二つの技術が機能的に交わるとき、オペレーショナルインテリジェンスの性能を包括した飛躍的な新しいインフォーメーションマネジメントプラットフォームが完成するのです。

多くの企業がクライアント/サーバー型のシステムから、SOA型のシステムへと移行しています。インフォーメーションテクノロジパラダイムはSOAと呼ばれるこの移行を支援しています。 大企業でのSOAへの移行は様々な障害が発生します。そしてROIの保証は実現しないことが多々ありました。

SOAを導入する上で、ビジネスのミッションとITのミッションを提携させなければなりません。この問題は、ビジネスグループとITグループが共同できるフレームワークを提供することで解決します。そして利害関係者のコミュニティの目的を明確化しフォーマルセマンテック(RDF/OWL)を利用したデータが必要となります。フォーマルセマンテックとビジネスプロセスモデリングの結合したアプローチは、データを使用しているビジネスプロセスの関連性の理解に役立ちます。一度、サービスがフォーマルセマンテックを使い利害関係者によって了承されたら、そのサービスは正確にビジネスの要件を満たしたものとなります。 この機能により新しいアプリケーションを安価に迅速に構築することができます。そしてビジネス要件と既存のインフラストラクチャとの間の強力なギャップ分析を可能とし、ギャップを埋めるためのコストを可視化します。